ニュース・プレスリリース

リノベSTUDY #1|中古マンションをリノベーションした際の資産価値とは?

リノベSTUDY #1|中古マンションをリノベーションした際の資産価値とは?

更新日2019/01/27

1.中古マンションをリノベーションした際の資産価値とは?どうやって高めるの?


「中古マンションをリノベーションしたら資産価値って上がるのかな?」
こんな疑問をお持ちの方はいませんか。
実際に中古マンションを購入する方は立地が良い物件を選んで買うなど、もし住まなくなったとしても売ることが可能な物件を購入する方が多いです。
将来売却することを考えてもできるだけ資産価値が高くなるようにリノベーションしたいですよね。
そこで中古マンションのおすすめのリノベーションをお伝えしようと思います。

■中古マンションをリノベーションした資産価値の要因

*立地
中古マンションのリノベーションで資産価値を形成する最も大きな要因のひとつが立地です。
なぜかというと、そもそも新築は限られていてしかも立地の良い場所となると数えるほどの選択肢の中から選ぶことになります。
もちろん、必然的に価格も高くなりますし、手は出しにくいです。
比べて、中古マンションをリノベーションする場合だと沢山の選択肢があることになります。
値段も新築に比べると格段に安いので、立地のいい場所を選んで資産価値を高めることが可能になるのです。
立地には交通利便性に加えて日常に必要となる施設(買い物、金融機関、学校、医療機関)がそろっていること、街のブランド力などがあります。
街のブランド力とは長い歴史や高級住宅街であることです。
しかし、ブランド力がなくても、人が集まる魅力があるなど将来的に展望がある土地であれば大丈夫でしょう。

*リノベーションと維持管理
立地も大切ですがもちろん建物自体も重要になります。
特にマンションの場合、リノベーションの前にそのマンションの維持管理の状態が問題になります。
国土交通省のガイドラインで水回りなどの管理が定められているので、それがきちんと守られているのかを確認しましょう。
リノベーションはその後の段階です。
もちろん暮らしやすい間取り、オシャレな内装、高い機能性など付加価値を付けることは十分にできるので中古マンション購入の際のリノベーションは効果的ですが、まずは基本的なところをクリアしましょう。
中古マンションのリノベーションは安い上に資産価値が高いので、費用面でもすごくおすすめです。

■最後に
本日は中古マンションをリノベーションした場合の資産価値についてお話させていただきました。
きちんと管理されていて、立地がいいマンションは資産価値が高いのでおすすめです。
加えてリノベーションできちんと機能、内装、間取りを改善することで更に高めることが出来ますね。

●実際にリノベ事例を持たれた方はこちら。「howzlifeの施工事例|WORKS」
●そしてお気軽にご参加ください!「まずはここからリノベ講習」