ニュース・プレスリリース

リノベSTUDY #7|戸建てをリノベーションしたい!デザインはどうする?

リノベSTUDY #7|戸建てをリノベーションしたい!デザインはどうする?

更新日2019/04/14

「戸建てリノベーションを考えているがデザインはどうすればいいか分からない。」
こんなお悩みをお持ちの方はおられませんか?
デザインによってライフスタイルが変わってくるので、ご自分に合ったデザインを考えるのが一番です。
この記事では、リノベーションにおいてどのようなライフスタイルにどのデザインがおすすめかをお話させていただきます。

□50代のリノベーション
もし、セカンドライフの拠点としてのリノベーションを考えておられるのでしたら、これからも安心して暮らせるようなデザインにすることがおすすめです。
子供の独立、定年退職など生活が大きく変わることを見据えましょう。
また、セカンドライフでは趣味を謳歌される方も多いと思います。
そのために必要な部屋や設備を備える、夫婦でコミュニケーションをとるスペースを作るなど、人生を楽しむためのリノベーションもおすすめです。
具体的には、自転車が趣味であるならば玄関に自転車置き場を設けたり、ゴルフが趣味であるならば練習ができる部屋を作ったり、縁側やテラスを作ってホームパーティーを開くことができるようにしたりするケースがあります。

□子供の成長のためのリノベーション
小さい子供がいる、という場合はその成長に柔軟に対応できるリノベーションがおすすめです。
更に、いつでも子供の事を見守ることができるように広いリビングにして家族が自動的にリビングに集まるよう工夫したり、キッチンをカウンター型やアイルランド型にしたり、壁を作らずに間仕切りや小さい段差を付けることで部屋の空間を仕切ったりというデザインがあります。

□シングルライフのリノベーション
シングルライフを満喫するリノベーションの場合、思い切ってワンルームにしてしまうデザインもおすすめです。
また、とことん自分の理想を追求できるのがシングルライフの場合のメリットだと考えられます。
収納も自分の欲しい部分をたっぷりととることができます。
例えば服が大好き、という場合は大きめのウォークインクローゼットを配置して鞄やアクセサリーを魅せるように収納することができます。

□ペットと暮らすリノベーション
ペットと暮らす場合、様々な工夫が考えられます。
ペット専用のスペースを作ってしまえば、お世話がしやすくなります。
また、内装材をペットに配慮したものにする、空気洗浄の機能を高くするということに気をつけたいです。
例えばすべりにくく修正もしやすい床材を使う、防音効果のあるインナーサッシを使うなどペットにも周囲にも配慮したリノベーションを行えることが理想的です。

□最後に
本日は戸建てリノベーションのデザイン例をお話させていただきました。
これはあくまでも一例なので、ぜひ暮らしにあったリノベーションを考えてください。
当社ホームページ実績が載っておりますので参考にしてください。