ニュース・プレスリリース

リノベSTUDY #11|新築?中古リノベーション?二つの住まいの形を比較してみました!

リノベSTUDY #11|新築?中古リノベーション?二つの住まいの形を比較してみました!

更新日2019/04/22

「今住んでいるところからの引っ越しを考えている、でも次の家を新築するか、中古の住まいをリノベーションするかどちらにしよう……」
そのようなお悩みをお抱えの方、いらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、新築の住まい、中古リノベーションの住まい、二つの住まいの形を比較してご紹介します。

□それぞれの住まいの特徴の比較
この記事で比較するポイントは、以下の3点です。
・立地・周辺環境
・間取り・空間づくりの自由度
・住まいにかかる費用
それでは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

*立地・周辺環境
新築の住宅・マンションは立地・周辺環境が整備されていることが大半です。
交通の便利さ、生活の便利さを考えた環境にあるため、新しい暮らしがスムーズに行えるでしょう。
中古の住宅・マンションは、団地やニュータウンなどの場所に住めることが特徴です。
新築同様に周辺環境が整備されていることも多いため、人気の物件は早めに探すことがポイントです。

*間取り・空間づくりの自由度
新築はファミリー向けにデザインされた住宅が多いことが特徴です。
また、間取りに関しては中古リノベーションの住まいよりもバリエーションが豊富です。
しかし、不動産会社が計画している間取りから変更できない場合が多いので、間取り以外の住まいの形は、中古リノベーションの住まいの方がバリエーションに富みます。

*住まいにかかる費用
新築の住まいにかかる費用は、中古の住まいに比べてどうしても高くなってしまいます。
そのほか、各種税金も費用に上乗せされるので、予算を十分に計画しておくことをオススメします。
ですが、中古の住まいに比べて、保険や担保責任などの各種オプションが豊富に付いてくるので、そこは中古の住まいにないメリットと言えるでしょう。
中古の住まいの場合、予算は比較的安く抑えることができます。
ポイントはリノベーションを行う場合です。
新築の住まいより予算がかかることがあるので注意しておきましょう。
ですが、新築の住まいに比べて、各種税金が費用に上乗せされないので、新築の住まいより予算を安く抑えられる可能性はグッと高いです。

□まとめ
新築の住まい、中古リノベーションの住まい、二つの住まいの形を比較してご紹介しました。
新築の住まい、中古の住まいをリノベーションする、どちらの選択肢にもそれぞれの特徴があります。
自分の今置かれている状況・予算と照らし合わせて、最適な住まいの選択を行いましょう。
新生活がうまくいくことを願っております。