<

ニュース・プレスリリース

リノベSTUDY #29|中古マンションをdiyでリノベーションするときの注意点とは!?

リノベSTUDY #29|中古マンションをdiyでリノベーションするときの注意点とは!?

更新日2019/05/30

中古マンションにお住まいの方は、お部屋やキッチンを大規模にリノベーションしたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、業者に頼んでリノベーションするには費用がかかり勇気が出せず、diyをお考えの方もいらっしゃいますよね。
最近ではdiyでご自宅をアレンジしている方も少なくありません。

そこで今回は、中古マンションをdiyでリノベーションする際の注意点についてお伝えします!!

□マンションの「管理規約」に気を付ける
マンションには必ず「管理規約」があります。
「専有部分」「共有部分」といった、自分でリフォームしてよい所かどうかの区別や、床の防音規定などがあるため、diyする際は必ず確認しておくことが大切です。

□工事マナーを守る

工事の規模によっては、騒音や振動を伴う可能性がありますよね。
時間帯や工事の規模の大きさによっては近所迷惑になる可能性があるため、マナーを守ってdiyをする必要があります。
また、事前に近所の方に工事をすることを伝えておくことも大切ですね。

□作業場所と資材置き場を確保する

作業時に必要な道具や場所は事前にリストアップすることをおすすめします。
また、木材をカットするときのスペースや、お隣の迷惑になることを考えて、作業スペースも考慮することが大切です。
一般的には、ホームセンターの工作スペースが作業しやすいため、おすすめです。

□配管、電気、ガス工事は資格が必要
トイレやキッチンのリノベーションは、配管やガスにも考慮が必要です。
配管、電気、ガスは資格がない方が行うと違法になってしまいます。
そのため、このような場所をdiyする際は自分でできるところのみをやってあとはプロにお願いすることも大切です。

□diyよりも業者に任せるのがおすすめ
リノベーションをdiyで実現するには、多くの手間と労力を使い、さらに失敗したら結局業者に頼まなければならなくなるリスクもあります。
そのため、業者に任せて安心、安全なリノベーションを実現することをおすすめします。
業者に任せれば、工事期間も他のことに時間を使え、diyではできない理想をかなえてくれる可能性も高まります。

□まとめ
今回は、中古マンションをdiyでリノベーションする際の注意点についてご紹介しました。

リノベーションをdiyでかなえるためには、注意するべきポイントがたくさんあるため、よっぽどdiyが好き、という方でない限り、業者に頼むことをおすすめします。

今回の記事が、中古マンションのリノベーションをお考えの方のお役に立てたら幸いです。