ニュース・プレスリリース

リノベSTUDY #32|戸建てを購入したい!!新築か中古、どっちが良い??

リノベSTUDY #32|戸建てを購入したい!!新築か中古、どっちが良い??

更新日2019/06/05

戸建て住宅の購入をお考えの方は、新築にするか中古にするか、迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
最近では、中古の戸建てをリノベーションする方も増えてきています。

そこで今回は、新築の戸建てと中古の戸建てのメリット、デメリットをご紹介します!!

□新築のメリット

新築の戸建てのメリットは、やはり「新しい」ことです。
まだ誰も使っていないので、床も天井も壁もすべてきれいです。
さらに最近では、断熱や防音などの最新の設備が取り入れられることも多いです。
また、注文住宅の場合は、自分の好きな間取りやデザインにできるのもメリットですね。

□新築のデメリット

新築の戸建てのデメリットは、立地を選びにくいことです。
駅の近くや比較的地価の高い土地はすでに建物が建っており、新築を建てようとなると郊外の土地になることも少なくありません。
また、日当たりや住み心地は家が建ってからでないとわからず、イメージしにくい点もあります。

□中古のメリット
中古の戸建てのメリットは、立地の選択肢の多さです。
築年数や広さなどは物件によりまちまちですが、住宅が建っている場所ならどこでも売りに出されている可能性があります。
また、新築を建てるときに必要な修繕積立金や水道負担金を払う必要がないのもメリットです。

□中古のデメリット
中古の戸建てのデメリットは、やはり新築より古いことです。
古い設備は新品に取り換えることもできますが、設備によっては取り換えができないものもあります。

□中古をリノベーションするのがおすすめ
住宅を選ぶうえで、やはり立地の良さは外せないポイントですよね。
そこでおすすめなのが、中古の戸建てをリノベーションすることです。
中古をリノベーションすることで、好きな街で、好きな家に住むことを実現します。
そのため、新築と中古のメリットをうまく生かした理想の住まいづくりを実現します。

□まとめ
今回は、新築の戸建て、中古の戸建てのメリット、デメリットについてお伝えしました。
戸建て住宅の購入を検討中の方の助けになれば幸いです。

新築、中古ともにメリット、デメリットがありますが、やはり理想の住まいを実現するにあたって、業者選びが最も大切です。
信頼できる業者を見つけて、安心して任せられるようにする必要があります。
住宅の購入をご検討の方は、ぜひ一度、お気軽にご連絡ください。