ニュース・プレスリリース

リノベSTUDY #38|リノベーションをしたい方必見|使いやすい収納を紹介します

リノベSTUDY #38|リノベーションをしたい方必見|使いやすい収納を紹介します

NEWS2019/06/15

「中古のマンションのリノベーションをしたい」
「もっと使いやすい収納にしたい」
このような方はいらっしゃいませんか?
収納を変えるだけで、部屋の見た目が変わり、使いやすい収納を実現できます。
そこで今回は、皆さんに使いやすい収納をいくつか紹介します。

□土間収納

自転車やキャンプ用品などのアウトドアグッズは、かなりの収納スペースが必要ですよね。
それらは汚れが目立つため、外に置きたいという方も多いです。
しかし、外に置くと雨で錆びたり、庭のスペースが狭くなったりします。
そこであるのが、土間収納です。
土間収納だと、広くスペースが取れるので、自転車やキャンプ用品なども楽に収納できます。
さらに、部屋まで土間続きなので、汚れる心配はありません。
広すぎると、玄関スペースが狭くなるので、畳一畳分が使いやすいですよ。
また棚は、高さが調節できる可動式にすると便利です。

□造作可動棚

造作可動棚は、高さを自分の好みで調節できます。
さらに、基本的に何でも置けます。
収納する際は、棚の高さに合わせるだけなので、事前に物の高さを測る必要がありません。
また、この棚には扉がないため、わざわざ閉めたり開けたりする作業が省けるので使いやすいのです。
収納スペースのデメリットとして、部屋が狭く見える点が挙げられます。
しかし可動棚はオープン収納なので、開放感があり、部屋を広く見せられます。
収納する物を見られたくないときは、収納カゴを使うと隠せるのでオススメです。

□壁面収納

壁面収納は、収納家具よりも狭いスペースで収納できます。
そのため、より広いスペースを確保でき、テーブルやソファの配置がしやすくなります。
収納家具だと、奥にある物を取り出すときは、面倒くさいですよね。
しかし、壁面収納は長さと奥行きを自分の好きなように決められるので使いやすいです。
また、収納家具と比べて掃除も楽に行えるので便利ですよ。
収納スペースを無くすことは不可能ですが、少しでも使いやすく、部屋のスペースを確保するのに壁面収納はオススメです。

□まとめ

以上、使いやすい収納をいくつか紹介しました。
収納を変えるだけでも、部屋の雰囲気が変わったり、生活面でより便利になったりするのでオススメです。
そのため、自分の理想に合う使いやすい収納を実現できます。
リノベーションに興味がある方はぜひ一度連絡してください。