ニュース・プレスリリース

リノベSTUDY #45|中古マンションをリノベーションすることのメリットとデメリットとは?

リノベSTUDY #45|中古マンションをリノベーションすることのメリットとデメリットとは?

更新日2019/06/29

最近、中古マンションを購入してリノベーションをすることの注目が高まっています。
「中古マンション買ってリノベーションをしてみようかな」「リノベーションって本当に良いの?」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、中古マンションをリノベーションすることのメリットとデメリットについてご紹介いたします。

□リノベーションをするメリットとは

*自分好みにデザインできる

リノベーションは、住む人の生活スタイルに合わせて、自分好みのアレンジをすることが可能です。
例えば、もともとあった壁を取り除き、広々とした空間をつくることや、配線を変えて収納を増やし使いやすいキッチンを作ることもできます。
生活スタイルに合った空間を自由に設計できることから、リノベーションの人気が高まっています。
*家探しの選択肢が広がる
自分が住みたい場所でかつ新築物件となると、なかなか思い通りの物件が見つからないことがあります。
そこで、リノベーションを視野に入れることで希望していた条件で物件を見つけることができる可能性が高くなります。
中古物件の内装が気に入らないということがあれば、リノベーションを行うことで、生活しやすい住まいになります。


□リノベーションをするデメリットとは

*自由にできない部分もある

中古マンションは元の構造を利用して、リノベーションするため大幅に間取りを変更することができないデザインも構造上あります。
自由にデザインできるとは故、マンションは共有スペースもあるため、外観などは変えることができません。部屋の中と外観の雰囲気が合わないことも考えられます。

*すぐに入居できない

中古物件をリノベーションする場合は、購入してすぐには住むことができません。設計をしてから、工事を行い引き渡すことになります。
実際住むことができるまでには3ヶ月から6ヶ月程度かかる可能性もあります。


□新築マンションと中古マンションの選択

新築マンションは設備やセキュリティを重視している場合が多いですが、中古マンションの場合は設備更新がされていないことが多いです。
快適な生活や、自分のこだわりを求めた部屋に住むことができるのがリノベーションです。
家族構成や生活スタイルによって適している方を選択する必要があります。


□まとめ

今回は、中古マンションをリノベーションすることのメリットとデメリットについてご紹介しました。
中古マンションをリノベーションすることは人気が高くなっています。
株式会社ハウズライフは恵比寿にある「中古を買ってリノベーション」をご提案するコンセプト・ショップです。
何かお困りのことがありましたらぜひご相談ください。