ニュース・プレスリリース

リノベSTUDY #48|戸建てのリノベーション!そのメリットとデメリットとは!

リノベSTUDY #48|戸建てのリノベーション!そのメリットとデメリットとは!

更新日2019/07/05

戸建てのリノベーションをお考えの方はいらっしゃいませんか?
「手狭になったマンションから戸建てに引っ越しを考えている」
「新築にするかリノベーションをするか迷っている」
とお思いの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回、戸建てのリノベーションをする際のメリットとデメリットについてご紹介いたします。


□リノベーションのメリットとは?

*自由なデザインができる

中古戸建てのリノベーションをする場合、中古マンションをリノベーションするよりも自由にデザインをすることができます。
マンションは自分の所有する部屋とは別に共有部分も存在し、構造上の問題で間取りの変更が難しく自由な設計ができないこともあります。
しかし、戸建てをリノベーションする場合はそんな心配はありません。
内装や間取り、外壁など自由自在にリノベーションすることができます。


*物件の選択肢が増える

物件選びの時に、立地は外せない条件です。子どもの学校に近く、会社へ通勤しやすい場所など条件は人それぞれです。
都心部で希望するエリア内に新築物件を探すとなると、なかなか見つけることができません。
しかし、中古物件を候補に入れることで、物件選びの選択肢が増えます。
中古物件もリノベーションをすれば、新築のような家で生活することができます。


□リノベーションのデメリットとは?

*住むまでに時間がかかる

リノベーションは、デザインを決めるために何度も打ち合わせを重ね、工事にも時間がかかります。
購入後すぐに引っ越し作業ができる新築とは違い、リノベーションをすると完成までにある程度の期間が必要になります。


*耐久性に問題がある可能性がある

中古の戸建ては、築年数がかなりたっていることもあります。
その場合、耐震性や耐火性の面で注意が必要です。
特に築20年以上の物件は現在の建築基準法を満たしていない可能性もあるので確認することをおすすめします。
現在の建築基準法を満たすためにはリノベーションに加えて、別に修繕工事が必要になります。
不安なく生活するためには安全確認が重要なのです。



□戸建てリノベーションの注意

中古戸建てを購入し、リノベーションをする場合、購入とリノベーションを同じ会社でするのか、それとも別々の会社でするのかが重要なポイントとなります。
購入する不動産会社とリノベーションをする会社が異なるとなると、購入の手続きと工事のタイミングを自分自身でスケジュール管理をしなければなりません。



□まとめ

今回は、戸建てをリノベーションする際のメリットとデメリットについてご紹介いたしました。
リノベーションはある程度の時間がかかりますが、自分好みの家に住むことができます。
株式会社ハウズライフは恵比寿のリノベーション・コンセプトショップです!
リノベーションのことで何かお困りのことがありましたら是非ご相談ください!