ニュース・プレスリリース

リノベSTUDY #65|一戸建ての中古物件リノベにおける施工の流れ一覧を解説!

リノベSTUDY #65|一戸建ての中古物件リノベにおける施工の流れ一覧を解説!

更新日2019/08/21

「一戸建ての中古物件リノベをしたい」
「物件のリノベーションをしたいけど、どのような流れで進めるか分からない!」
「リノベーションの施工ってどのようなことをするの?」
近年、リノベーションへの関心が高まっています。
しかし、リノベーションって実際にどのような流れで進むのか、どのようなことをするのかあまり知られていません。
今回は、リノベーションの施工に関する一覧の流れをご紹介します。


□物件を探して決める!

まずはリノベーションをする物件を見つけないことには、何も始まりません。
希望の条件を不動産会社へ伝え、物件を見つけていきます。
わざわざリノベーションをしても、立地や周辺環境に満足できないと意味がありません。
探し方としては、信頼できる仲介会社に物件探しを頼む方法と、リノベーション会社を先に決め一緒に探す方法があります。
近頃は、リノベーションと物件購入の両方を提供している仲介会社が増えてきています。
そのため、リノベーション費用を含めた予算計画を相談できます。
リノベーション担当者が購入前に同行して、現地を見てくれる場合もあります。
和風や東南アジア、フレンチ、英国調など、デザインやスタイルに強いこだわりを持つ人は、初期にリノベーション会社に相談すると良いです。
良さそうな物件を一緒に見てもらい、望みのリノベーションが可能かどうか、どの程度費用が必要になるかなどを教えてもらえるからです。
条件をクリアし、満足できる物件が見つかりましたら購入しましょう。


□リノベーションをしていく!

物件を購入したら、住宅ローンと現在の家賃の支払いが重複する期間ができます。
全面のリノベーションとなると、契約からおよそ半年前後かかります。
この期間をできる限り短くするために、リノベーション工事はスムーズに進めて、早く入居したいです。
物件を選んでいるタイミングで、リノベーション会社を決めてください。
そして、物件の引き渡し前にリフォーム計画と見積書の検討が済ませれば、素早く契約を結び工事へ進めます。

□まとめ

今回は、リノベーションの施工に関する一連の流れをご紹介しました。
リノベーションは、通常の物件選びとは異なる視点も必要です。
まずは希望の条件を明確にした上で、リノベーション会社を早期に決め、物件選びから相談することをおすすめします。
また、現在の家賃と住宅ローンの重複をできる限り短くする面でも、リノベーション会社を早期に決める価値はあります。
リノベーション全体に関して相談や悩みがありましたら、気軽に当社まで足を運んでください。