ニュース・プレスリリース

リノベSTUDY #73|中古物件リノベーションの業者選びとは?

リノベSTUDY #73|中古物件リノベーションの業者選びとは?

更新日2019/09/21

「中古物件リノベーションをしたいけど、業者が多過ぎる。」
「これだけはという業者選びのコツを教えてほしい。」
リノベーション業者をインターネットで検索すると、たくさんの業者が表示されます。
その中からどれを選ぶのか、判断基準が欲しいですよね。
そこで今回は、中古物件リノベーション業者の選び方を解説します。

□リノベーション会社の種類

基本的にリノベーション会社は3種類あります。

*リノベーション済み物件を販売する会社

中古の住宅・マンションを会社が購入し、会社が考えるリノベーションを施した住宅を販売します。
中古物件のままは嫌だが、リノベーションの内容を考えるのは面倒な方におすすめです。

*ワンストップリノベーション会社

顧客と共に中古物件を探し、顧客がまずは中古物件を購入します。
そして、顧客の考えるリノベーションに修正を加え、中古物件にリノベーションをします。
自分の考えるリノベーションを実現したい人や中古物件探しが不安な方におすすめです。

*リノベーションのみの会社

顧客が持っている物件に対し、リノベーションのデザインを顧客・業者が共に考え、リノベーションをする会社です。
既に物件を持っている方におすすめです。

□ワンストップリノベーション会社は2種類ある。

ワンストップリノベーション会社は、さらに2つに細分化できます。

*提携をしない会社

物件を探すことから、建築までを1社で行う会社です。
住宅探し・設計・建築のためには、委託を行うのが通常です。
しかし、あえて全ての業務を1社が担うことで、責任を明確にできます。
デメリットは、業務量が多くなるため、顧客の数は限られることです。

*提携をする会社

物件探しを提携先の不動産会社に委託し、建築は提携先の建築会社へ委託します。
顧客の数が多い会社であるため、安定しています。
デメリットは、提携先との協力に手数料が生じることです。

□まとめ

今回は、中古物件リノベーション業者の選び方を解説しました。
一般的なリノベーション会社には3種類あります。
それは、リノベーション済み物件を販売する会社、ワンストップリノベーション会社やリノベーションのみの会社です。
また、ワンストップリノベーション会社は、提携をするかどうかで会社を分けられます。
会社の種類を踏まえた上で、改めてインターネットで検索してみてはいかがでしょうか?
当社では、中古物件リノベーションに関わるあらゆる相談を受け付けています。
興味がある方はぜひご相談ください。