ニュース・プレスリリース

リノベSTUDY #75|必見!中古物件のリノベーションの注意点をお伝えします!

リノベSTUDY #75|必見!中古物件のリノベーションの注意点をお伝えします!

更新日2019/09/28

「中古物件のリノベーションを失敗したくない。」
「リノベーションする際の注意点ってあるの?」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
リノベーションの注意点を押さえると、失敗のリスクを減らせます。
今回はそんな方に向けて、リノベーションの注意点について詳しく解説します。


□リノベーションを成功させる4つの注意点

中古物件のリノベーションでは、想定外の制約が多いです。
その中で、代表的な4つをピックアップしてご紹介します。

*物件の構造

中古物件では、構造上の問題で希望する間取りが難しい場合があります。
例えば、キッチンの移動を伴う工事において、取り壊せない壁や配管に問題があると、水回りのリノベーションが制限されます。
間取りを大きく変更できないマンションや中古物件は多くあるため、購入前に確認することが大切です。

*時間と費用

中古物件のリノベーションは時間と費用が多くかかります。
リノベーション設計から完成までの期間は、おおよそ4~6か月が目安です。
加えて、物件が古いほど傷んだ部分の補強に時間がかかるため、想定以上の費用が必要になる場合があります。
時間と費用の優先度を高くして、リフォーム担当者と具体的に相談した方が良いでしょう。

*マンションのルール事項

中古マンションのリノベーションでは、マンションのルール事項を確認する必要があります。
なぜなら、マンションによって、遮音性の基準を規定している場合が多いからです。
床のフローリングや壁が一定以上の遮音性を有する素材や厚さでないと、リノベーションが難しくなります。

*耐震性

中古物件を購入される際、気を付けるべき点が「耐震性」です。
耐震基準法は大地震のたびに改正されるため、建築された年代によって耐震基準が異なります。
2000年以降の物件であれば、現在の耐震基準を満たしていますが、1981年以前の物件は基準以下の恐れがあります。
ご希望の物件が新しい耐震基準を満たしているか、十分注意して業者にご確認ください。


□打ち合わせで不安を解消する

紹介した4つの注意点を解決するために、業者との打ち合わせが肝心です。
リノベーションの期間と費用、物件の構造や耐震性について相談することをおすすめします。


□まとめ 

今回はリノベーションの注意点について詳しく解説しました。
中古物件のリノベーションは、物件によって制約が出る場合があります。
リノベーションの専門業者と相談すると、お抱えの不安を少しでも解消できるかもしれません。
中古物件のリノベーションをお考えの方は当社がおすすめです。
ご不明な点がございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。