ニュース・プレスリリース

リノベSTUDY #77|【中古物件リノベーション】デメリットと解決策をお伝えします!

リノベSTUDY #77|【中古物件リノベーション】デメリットと解決策をお伝えします!

更新日2019/10/06

「中古物件のリノベーションはデメリットが多いの?」
「リノベーションのデメリットが知りたい。」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
リノベーションでは全てがうまくいくわけではありません。
リノベーション中や完成後になって問題が発生する場合があります。
今回はリノベーションのデメリットと解決策について詳しく解説します。


□リノベーションのデメリット

*費用が高くなる

中古物件のリノベーションでは予想以上に費用が高くなる場合があります。
例えば、物件情報の内容や写真では状態が良く見えても、実際に工事が始まると、隠れていた損傷部分が現れます。
そのためキッチンの水漏れや壁の内部が損傷していると、追加の補修費用が必要です。

*リノベーションの制約

リノベーションの範囲が限られる物件があります。
「管理規約で改修に制限がある。」
「マンション共有部でリノベーションできない。」
このように外部的な要因で制約されると、業者が及ぶ範囲ではないので対応が困難です。
事前に物件の内容や規約について確認することが大切です。

*期間が長い

フルリノベーションの期間は、完成までおよび3カ月~6カ月です。
仮住まいが必要な方は、住まいを手配するため、追加費用が必要です。
契約前に気持ちが高まり、詳細部分を見落とす方がいらっしゃいます。
リノベーション中の生活を想定して打ち合わせすることが大切です。


□デメリットを最小限にする解決策

*プランニングを決める

リノベーションは「家族にとっての必要性」と「実現可能性」の大きく2つの要素で変化します。
後者は、着工後に左右される可能性がありますが、前者の場合は事前に家族内で共有できます。
もし、不測の事態が起きた場合は「家族にとっての必要性」を基準に考えてみてはいかがでしょうか。

*現場見学で担当者と同行する

物件情報の内容だけで判断せず、現場見学で検討することをおすすめします。
また、現地見学でプランニング担当者と同行すれば、デメリットに関する具体的なアドバイスが聞けるかもしれません。


□まとめ

今回はリノベーションのデメリットと解決策について詳しく解説しました。
中古物件リノベーションは予測できない問題が起こります。
中古物件リノベーションを検討中の方に、当社をおすすめします。
当社は家庭のライフスタイルに合わせたリノベーションを提供しています。
ご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください