ニュース・プレスリリース

リノベSTUDY #81|中古物件のリノベーション!後悔しないコツを紹介します!

リノベSTUDY #81|中古物件のリノベーション!後悔しないコツを紹介します!

更新日2019/10/22

「リノベーションを失敗しないか不安。」
「後悔しないリノベーションを目指したい。」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
時間と費用をかけた後、リノベーションの後悔をするのは避けたいですよね。
しかし、コツを押さえれば、納得のいく理想的なリノベーションが可能です。
今回はそんな方向けに「リノベーションの後悔の例」と「後悔しないためのコツ」ついて詳しく解説します。


□リノベーションの後悔の例

*「資金計画をせずに予算オーバーしてしまった」

中古物件購入後にリノベーション費用の資金計画を立て、結果的に予算を超える方がいます。
資金計画をせずに中古物件を購入すると失敗に繋がります。
購入予定の物件とリノベーション費用を合算した資金計画が大切です。

*「キッチンの場所を移動できなかった」

家の間取りに工事が左右されるのがリノベーションの特徴です。
仮に水まわりの大きな場所変更をすると、建物の構造に無理が生まれ、排水がスムーズに流れない恐れがあります。
また、耐震性の基準で壊せない場所が多くあるので、工事の進捗が遅れる場合があります。
そのため、家の間取りを大きく変えるようなリノベーションはおすすめしません。


□後悔しないためのコツ

*資金計画

中古物件リノベーションの資金計画は大変重要です。
中古物件とリノベーション費用を同時に検討すると「予算オーバー」のような失敗を避けられます。
また、事前に資金計画を立てるため、間取りを意識した効率的なリノベーションが可能です。

*家庭内で相談する

後悔しないコツは家庭の生活スタイルに合わせることです。
例えば、よく料理をされるご家庭では、キッチンの作業範囲や料理に適した機能をご希望されます。
このように家族の生活スタイルを重視した動線を意識すると、理想的なリノベーションが実現します。
資金計画を始める前に、家庭内でご相談することをおすすめします。

*後悔しないための業者選び

希望のリノベーションを実現するためには、良い業者選びは大切です。
当社は、中古物件とご希望の工事内容をすり合わせながら、具体的な提案をいたします。


□まとめ

今回は「リノベーションの失敗例」と「失敗しないためのコツ」について詳しく解説しました。
後悔しないためには、資金計画と家庭内でのご相談、そして業者選びが大事です。
中古物件のリノベーションを検討中の方には、当社をおすすめします。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。