ニュース・プレスリリース

リノベSTUDY #89|中古物件をお持ちの方|リノベーションのメリットとデメリットとは?

リノベSTUDY #89|中古物件をお持ちの方|リノベーションのメリットとデメリットとは?

更新日2019/11/21

中古物件をお持ちの方でリノベーションをお考えの方はいませんか?
「リノベーションをする意味ってなんだろう。」
「リノベーションのメリットとデメリットが知りたい。」
このように、リノベーションのメリットとデメリットを知りたい方が多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、リノベーションのメリットとデメリットについて解説します!


□リノベーションのメリット

*自由に設計できる

リノベーションは、自分の洋服を自分好みで選び合わせるように、自分のニーズに合わせて自由に自分らしさを表現できます。
既存の中古物件などは、どれも似たり寄ったりな内装が多いですよね。
そこで、リノベーションをすることによって、自分好みの内装に変えられます。

*物件の選択肢が増える

自分が希望するエリアで新築の物件を探すのは、大変苦労するかと思います。
特に都市部では、多くの方が希望する新築の物件は、なかなか見つからず、当初の条件に対して妥協をしてしまうことが多々あります。
リノベーションを前提とすれば、中古物件を購入することとなり、新築の物件を探すよりも自分たちの条件にあった物件を選びやすいです。


□リノベーションのデメリット

*費用が高くなる可能性がある

既存の物件の状態によって、費用が大きく変化してしまいます。
リノベーションを行う際に、中古物件の壁を剥がしてみると状態が悪く、耐久性や耐震性が十分でないことが多々あります。
その場合、当初想定していた費用よりも追加でかかる場合があります。
そのため、事前にリノベーションを行う物件の状態を知っておくことが重要です。

*自由度が低い

リノベーションにおいても、外観デザインや間取り、設備などをある程度自由に変更できますが、もちろん、新築のようにはできません。
既存の物件が基盤となるため、耐久性や耐震性といった構造上取り除けない柱や壁が存在します。
そのため、外観デザインや間取りも新築と比較すると自由度が低くなります。
もし、外観デザインや間取りにこだわりたい場合は、建築家に事前にその中古物件でどのような間取りが実現可能か、あるいは、希望の家づくりは可能かどうかなどを確認しておきましょう。


□まとめ

今回は、リノベーションのメリットとデメリットについて解説しました!
当社では、リノベーションについてのご相談を随時受け付けております。
リノベーションの専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。